キャッシュレス決済キャンペーン

HIS、対コロナで国内旅行1.5倍めざす、海外の回復シナリオも

  • 2020年6月24日

 エイチ・アイ・エス(HIS)は、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響を大きく受けるなかで、当面は国内旅行に経営資源を集中する方針だ。また、店舗も削減する。6月24日に開催した2020年10月期第2四半期連結期間(2019年11月1日~2020年4月30日)の決算発表で明らかにしたもの。

海外旅行は685億円減収

 決算は、売上高が8.9%減の3443億5300万円で、営業損益は89億7900万円の黒字から14億6900万円の赤字に。経常損益も88億7400万円の黒字から7億6000万円の赤字、純損益も49億6400万円のプラスから34億5900万円のマイナスとなった。

 売上では、エネルギーが47億円の増収と好調だったものの、旅行業が372億円減(前年比11.1%減)、ハウステンボスグループ(HTB)も38億円減(28.1%減)。しかも、今回の第2四半期はカナダのRed Label Vacationsを買収したことで海外法人の売上が936億円から1430億円へと増加しており、主力である海外旅行は1986億円から685億円減の1301億円と「非常に厳しい」(HIS会長兼社長の澤田秀雄氏)結果となった。

来期にはコスト300億円削減

 こうしたなかで、対応策としてはコスト削減と手元流動性の確保に取り組むとともに、予定していた持株会社制への移行は一旦停止し、安定的な事業継続に注力する。

この続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員登録して、
トラベルビジョンをもっと活用しよう!

会員向け記事が読める
トビィ抽選会に参加できる
コメント投稿ができる
優待情報が閲覧できる
今すぐ無料会員登録

関連ニュース