キャッシュレス決済キャンペーン

【独自調査】航空会社の返金遅延、「納得できず」が95%、法的措置検討も17%

 トラベルビジョンは4月17日から24日にかけて、航空各社が運休となった便についてオートリファンドを停止して旅行会社の手続きを煩雑化したり、返金の代わりにバウチャーを発行するなどして現金での返金を遅らせている現状について、日本のIATA代理店を対象にアンケートを実施した。200社超とされるIATA代理店のなかから回答は58件集まり、ほぼすべての回答者が航空会社の対応に不満を示し、17.2%は法的措置も検討すると回答した。


 質問は、「航空会社によるオートリファンド不可の施策(施策1)」と「航空会社が代理店への返金をバウチャーとした施策(施策2)」について、それぞれ「納得がいくか」「収束後に施策を実施した航空会社の販売を継続するか」を聞いた。

 施策1について「納得がいかない」と答えたのは94.8%で、「わからない」は3.4%。施策2についても「納得がいかない」が93.1%、「わからない」が3.4%となり、いずれも航空会社に対して強い拒否感の出た結果となった。自由回答でも、「非常に一方的且つ身勝手」「言語道断」「無責任にも程がある」といった厳しい言葉が並んだ。

この続きを読むには、無料会員登録が必要です。

無料会員登録して、
トラベルビジョンをもっと活用しよう!

会員向け記事が読める
トビィ抽選会に参加できる
コメント投稿ができる
優待情報が閲覧できる
今すぐ無料会員登録

関連ニュース