クラウドモンスターforBiz
クラウドモンスターforBiz

ミキも欧州でシートインコーチ、混乗や自動化で成長めざす

  • 2018年12月20日

(左から)檀原氏、取締役執行役員の櫻井隆文氏、グローバル・アクティビティチーム プロジェクトリーダーの山本真充氏 ミキ・ツーリストは2019年から、欧州でシートインコーチ(SIC)型のバスツアー「JOIBUS(ジョイバス)」を運行する。ミキ・ツーリストとしてこれまでも「みゅうバス」事業を展開してきており、また先ごろにはJTBが「ランドクルーズ」と名付けた日本人向けSICを発表して「欧州旅革命」を標榜しているところだが、ジョイバスは韓国や台湾、香港などからの旅行者との混乗とし、「フルサービスは必要としないが利便性は欲しい」(ミキ・ツーリスト代表取締役社長の檀原徹典氏)といった客層をターゲットに設定。料金も、ランドクルーズが平均で1区間約2万2000円であるのに対し、98ユーロから128ユーロに設定して需要の獲得をめざす。

 ジョイバスは、欧州の主要都市や観光地を繋ぐルートをバスが平均週3便のペースで巡回するもの。「パッケージツアーの専門性」と「個人旅行の柔軟性」の両立を掲げており、料金には座席と3ツ星または4ツ星ホテルでの後泊に加えて、入場料や主要観光スポットでの入場予約なども含む。まずはスペインやフランス、イタリア、中欧などで6コース22区間を1月から運行。3年程度をかけて欧州全域に15ルートを展開したいという。

 サービスは、JTBのランドクルーズが添乗員付きツアーと同じレベルの現地サービスを提供するのに対して限定的なものとし、観光案内なども現在開発中のアプリ「ジョイトリップ」で自動化する計画。アプリでは、自由行動中の居場所の把握や遠くへ行きすぎる顧客への注意喚起、集合時間のアラート、多言語でのチャットによるカスタマーサポートなどの機能も搭載する。

 販売は、日本のほか韓国、台湾、香港、東南アジアなどを予定。例えば韓国ではハナツアーとTourtips社、台湾ではライオントラベル(雄獅旅行社)などと提携し、販売を委託する。販売目標は1月から10月までで合計2万人とし、うち3割程度を日本からと想定。なお、バスの運行自体は1月から開始するが、日本市場での営業はこれから本格展開する予定であることから、実際の取り扱いは4月以降となる見通しだ。

 日本市場でも旅行会社経由の販売に期待するが、店頭など人間を介する場面よりもオンラインでの販売を重視。これについて檀原氏はダイナミックパッケージやホテルのみで予約するような客層がターゲットであり、「めざすところはOTA」であると強調。また、逆にフルサービスを必要とされる客層については、「旅行会社が今後それぞれ特色を持ったパッケージツアーを展開していくことになる。そことのバッティングは望んでいない」との考えも示した。

 なお、みゅうバスについては「日本人向け」を強調したバスツアーとして存続する方針で、ジョイバスにおける日本人の需要が高まれば一部の路線をみゅうバスとして運行する可能性もあるという。