フィンランド、日本人宿泊ナイトに伸び、フィンランド航空の名古屋線就航で座席増分が上向きに直結

  • 2006年7月27日(木)
 フィンランド観光局によると、日本人宿泊ナイト数がこのところ上昇している。同観光局のデータでは3月が前年比4.2%増の1万65ナイト、4月は5.8%増の5940ナイト。1月からの累計では2.4%増の3万7205ナイトとなっている。

 今後は6月に就航したフィンランド航空(AY)の名古屋線が上向き要因として考えられる。AYの発表ではアジア路線の指標だが名古屋/ヘルシンキ線の就航で旅客輸送力を示す有効座席キロ数(ASK)が19.7%増、RPKが前年同月比で27%増、ロードファクターは4.7%ポイント増の80.6%と増加傾向。名古屋発の旅行商品では、各社とも集客が順調に進んでいるようで、名古屋線の供給座席数の増加が宿泊ナイト数の増加に直結する期待は高い。


▽フィンランド、日本人宿泊ナイト数
1月/10358ナイト(2.7%増)
2月/10842ナイト(1.2%減)
3月/10065ナイト(4.2%増)
4月/5940ナイト(5.8%増)

■海外ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

フライドポテトで一番おいしいと思うチェーン店は?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ