GMOとくとくBB光のキャッシュバックの受け取り方とキャンペーン

gmo光アクセスのキャッシュバックはどのように受け取ればいい?金額は?

光回線サービスの中でも、手軽に契約しやすいGMO光アクセス(GMOとくとくBB光)の利用を検討している方が多く見られています。

GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)のキャンペーン内容がよくわからないといった方も多いです。

そこで今回は、GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)の契約を検討している方に向けて、キャッシュバックの受け取り方を解説していきます。

今回の記事は以下の記事を参考に作成しております。

【キャッシュバックがもらえる】GMOとくとくBB光はこちら

出典:gmo光 引用:最大49,000円キャッシュバック

この記事を読むことで以下の3つのことがわかります。

GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)のキャッシュバックは最大48,000円ももらえる

GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)では最大48,000円もらえるキャンペーンを実施しています。

他の光回線サービスだと、代理店で契約した場合にそれだけの金額を振り込んでもらえるところなら多いです。

しかし、公式からそれだけのキャンペーンを実施しているところはそうそうありません。

代理店での契約を選択する方もいますが、代理店は公式サイトでの契約と比べて安心して利用しづらいです。

できるだけ安心感を持ってキャンペーンを受け取りたいと考えている方は、GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)をチェックしてみてください。

ただ、1つのキャンペーンで48,000円ももらえるわけではありません。

詳しくは後ほどキャンペーン内容を解説していきます。

GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)のキャッシュバックは3種類!

GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)のキャッシュバックキャンペーンには主に以下の3種類があります。

1つずつみていきます。

申込者全員5,500円キャッシュバック

まず申込者全員5,500円がもらえるキャッシュバックを実施しています。

最低限の適用条件は設けられていますが、その条件を満たしていれば誰でも5,500円は確実にキャッシュバックがもらえます。

特典の対象はGMO光アクセス(GMOとくとくBB光)を対象ページから申し込んでいる方のみです。

GMO光アクセス キャッシュバック」と検索すれば一番最初に公式サイトが表示されます。

そこで申し込みを進めれば問題ありません。

申し込みの流れなどは後ほど説明していきます。

キャンペーンの適用条件

申込者全員5,500円キャッシュバックには特別適用条件らしきものはありません。

ただ、過去にキャンペーンを受け取った方がGMO光アクセス(GMOとくとくBB光)を解約し、再契約してキャンペーンを受け取ることはできません。

そうした新規契約者だけキャンペーンがもらえる仕組みはできています。

ただ、新規契約する方であれば基本的にキャッシュバックは受け取れると考えておいて問題ありません。

キャンペーン受け取り時の注意点

こちらのキャンペーンを受け取る場合、開通から12カ月目にならないとキャッシュバックしてもらえない点に注意が必要です。

開通月を1カ月目として、11カ月目に登録したメールアドレス宛にキャッシュバック申請のメールが届きます。

そのメールの内容に従って口座登録手続きを済ませることで、指定日に現金が振り込まれます。

この申請を忘れてしまう方が多いため、定期的にメールの中身を確認する癖を付けておきましょう。

出典:独立行政法人国民生活センター「消費者トラブル解説集」
質問
 「インターネットプロバイダーに新規加入すると、特典としてキャッシュバックが受けられる」というキャンペーンが行われていたので加入しました。

 しかし、いつまでたってもキャッシュバックがないので、問い合わせたところ「特典を受け取るための手続きがされていない」と言われました。キャンペーン中に加入すれば、自動的に受けられるものではないのですか。

回答
 本来そうあるべきですが、現実、このような特典を受けるためには、そのための手続きや登録が必要なことも多いようです。特典を受けるための方法等は必ず事前に確認し、事業者からのメールや連絡、書類等には漏れなく目を通して、見落とさないよう万全を期しましょう。

GMO光アクセスの他社乗り換え契約で40,000円キャッシュバック

2つ目のGMO光アクセス(GMOとくとくBB光)の特典が、他社乗り換え契約で40,000円キャッシュバックしてもらえるものです。

契約期間中に光回線サービスなどを解約すると、解約違約金が発生してしまいます。

その違約金が気になって解約したくても解約できずに困っている方が多いです。

しかし、GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)ならその違約金を実質全額負担してくれます。

すでに別のインターネット回線を契約している方で、そこにストレスを感じている方はチェックしてみてください。

ちなみに、このキャッシュバックは違約金だけでなく、回線撤去にかかる費用や工事費用の残債金に対しても適用されます。

キャンペーンの適用条件

この他社乗り換えキャッシュバックキャンペーンの適用条件は以下の通りです。

  • サービス申し込み完了後、解約違約金キャッシュバック申請フォームにて本特典を申し込むこと
  • GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)申し込み時に、他社インターネット回線を利用していること
  • 他社サービス解約時に解約違約金等の支払いが発生すること
  • 開通月を1ヶ月目として3ヶ月目の末日までに他社サービスを解約し、指定の方法で他社サービスの解約違約金明細の写真を提出すること

特に4つ目の違約金が発生したことを証明する書類の提出を忘れないように注意してください。

また、インターネット回線であれば、光回線でなくてもこのキャンペーンは適用されます。

元々ポケット型Wi-FiやケーブルTVなどの回線契約を行っていた方でも問題ありません。

さらに、違約金の金額に関係なく一律40,000円キャッシュバックしてもらえます。

違約金の金額が少ない方はそれだけ多くの現金が手元に入ってくるため、よりお得に契約しやすいです。

少しでも他社サービス解約時に違約金が発生する方は、このキャンペーンを申し込んだほうがよいです。

キャンペーン受け取り時の注意点

こちらのキャンペーンを受け取る際には、必要事項が記載されている証明書の提出が必要な点に注意してください。

他社のサービス名やプロバイダ名、契約者氏名、違約金の内訳、領収書・請求書のコピーなどが必要です。

書類でそれらを証明できるものがない場合は、Web上の会員サービスで必要事項が記載されているページのキャプチャ画像などでも対応してもらえます。

ちなみに、プライバシーを保護するためにも必要事項以外の情報で重要な個人情報が記載されている箇所は黒く塗りつぶす必要があります。

さらに、この違約金負担キャンペーンと先ほどの全員もらえるキャッシュバックは併用できません。

他社から解約する形で契約すると余分にもらえる金額が増えるという認識でサービスを申し込んだほうがよいです。

他社の違約金が発生する場合には、解約のタイミングや手続きにも注意が必要です。

万が一他社の都合でスムーズに解約できないときには、違法でないかの確認も必要です。

出典:総務省「消費者保護ルール」
2.利用者が遅滞なく解約できるようにするための措置を講じることの義務化
 災害やシステムトラブルなど予見しがたい突発的な事象が発生した場合を除き、電気通信事業者(その代理店も含む。)は、電気通信サービス(法人契約を除く。)を遅滞なく解約できるようにするための適切な措置を講じることが義務化されました。

<具体的な措置の例>
ウェブで解約できるようにすること。
オペレーターを十分に配置して電話により遅滞なく解約できるようにすること。
解約の予約を行うこと。
<禁止される行為の例>
電話により手続を行う場合、契約手続と比較して解約手続の電話が繋がりにくいこと。
利用者が望まない引き止めを行うなど、利用者の意に反して解約を遅延させること。

GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)のオプション加入で最大8,000円キャッシュバック

GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)の3つ目の特典は、オプション加入することで最大8,000円もらえるキャンペーンです。

GMOひかりテレビを契約すると5,000円もらえ、GMOひかり電話を契約すると3,000円もらえます。

キャッシュバック目的でわざわざ契約する必要はありません。

ですが、光回線を用いたテレビや電話が必要な方は視野に入れておいたほうがよいです。

こちらのキャンペーンはどちらも併用でき、違約金負担キャンペーンと組み合わせたら最大の48,000円キャッシュバックしてもらえます。

キャンペーンの適用条件

このキャンペーンの適用条件は、先ほど触れたようにGMOひかりテレビやGMOひかり電話を契約することです。

しかし、いつ契約してもキャッシュバックがもらえるわけではありません。

主に契約時に上記のオプションと一緒に契約することで、キャッシュバックが適用されます。

それ以外は特別キャンペーンの適用条件は設けられていません。

気になる方は誰でも気軽にオプション加入も視野に入れてみてください。

キャンペーン受け取り時の注意点

こちらもキャッシュバック特典を振り込む口座を用意する必要があります。

それだけでなく、こちらのキャンペーンも開通から11カ月目になってキャッシュバックの申請が可能となります。

申請メールの指示に従って手続きを進めると、現金がもらえます。

もし11カ月目になるまでにサービスを解約してしまうと、キャンペーンが適用されません。

途中で解約してしまって、キャンペーンが受けられないとなってしまう場合もある点に注意してください。

GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)のキャッシュバックの注意点

GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)のキャッシュバックの注意点として以下のものがあげられます。

  • GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)にはセット割がない
  • キャッシュバック受け取りまでに1年かかる
  • 申込者全員と他社乗り換え契約のキャッシュバックが併用できない
  • 電話での手続きが必要

1つずつみていきます。

GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)にはセット割がない

GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)にはセット割がありません。

たとえば、auひかりであればauのスマホとセットで契約していると、スマホ料金が永年毎月1,100円割引されます。

他にも、ドコモ光ならドコモのスマホ、SoftBank光ならSoftbankのスマホの料金が安くなります。

多くの光回線サービスでは、提携関係にあるスマホキャリアのセット割が用意されています。

しかし、GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)はそうしたスマホキャリアとの提携関係がありません。

そのため、スマホのセット割を実施していません。

光回線サービスを契約する場合にスマホセット割は大きな要素の1つで、一時的な金額だけ見ればさほどお得なものではないです。

ですが、永年毎月割引されることを考えると、長い目で見れば数万円単位のキャッシュバックのお得さに該当します。

通信料全体を安くしたい方は、セット割がある光回線サービスの契約をおすすめします。

キャッシュバック受け取りまでに1年かかる

GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)はキャッシュバックを受け取るのに1年かかってしまうものが多いです。

先ほども触れましたが、開通から11カ月目になってからキャッシュバックの申請メールが届きます。

そして、申請メールに記載のURLを開き、口座情報などを入力すれば手続きが完了します。

すぐに受け取れるタイプのキャッシュバックだと、申し込み時の電話連絡でそのまま手続きも行われます。

そのため、キャッシュバックの申請忘れが起こりません。

ですが、後になって申請するタイプだと、どうしても申請忘れが起きてしまいます。

申請忘れでキャッシュバックが受け取れない方も多いため、申請メールのことを念頭に置いてGMO光アクセス(GMOとくとくBB光)を申し込みましょう。

申込者全員と他社乗り換え契約のキャッシュバックが併用できない

こちらも先ほど軽く触れましたが、申込者全員と他社乗り換え契約のキャッシュバックは併用できません。

GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)で実施しているキャッシュバックは3種類あり、すべて受け取れるとなると53,500円となります。

ですが、申込者全員のキャッシュバックは新規申込者に最低限保証されているキャッシュバックです。

そして、他社乗り換え契約する方には違約金を補填する意味でもらえるキャッシュバックが増えます。

他社乗り換え契約のキャッシュバックは、申込者全員もらえるキャッシュバックの延長戦上のものと考えておいてください。

電話での手続きが必要

他社乗り換え契約のキャッシュバックはメールですが、他のキャッシュバックは電話での手続きが必要です。

電話での手続きなら申請忘れがありませんが、そもそも電話で手続きするというのがやや面倒です。

他社の光回線サービスのキャッシュバックの中には、何もしなくてもキャンペーンが適用されるものもあります。

最低限振り込み用の口座さえ用意しておけば、キャッシュバックを受け取ることは可能です。

手続きの必要ないキャッシュバックキャンペーンが魅力的と感じる方は、そんなキャンペーンを実施している光回線サービスを利用してみてください。

ただ、すぐに手軽に受け取れるキャッシュバックキャンペーンは限られています。

メールで申請するタイプのものが多く、電話での手続きで完結するだけでも適用条件が楽なキャンペーンだと考えておいたほうがよいです。

GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)のキャッシュバックを受け取るまでの流れ

GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)のキャッシュバックを受け取るまでの流れは以下の通りです。

  • Webあるいは電話で申し込み
  • 工事日のすり合わせ
  • Wi-Fiルーターの発送
  • 開通工事
  • 届いたメールから口座情報を登録する

1つずつみていきます。

STEP1.Webあるいは電話で申し込み

まずはGMO光アクセス(GMOとくとくBB光)の公式サイトを開きましょう。

そこで「お申込み」というボタンが設置されているため、そこから申し込みを進めてください。

ボタンをクリックするといくつか選択肢が出てきますが、新規契約の方は「光回線を契約されていない方」を選びます。

そして、住居タイプやオプションを選択し、氏名や生年月日などの個人情報を入力していきます。

それからクレジットカードの情報を入力してください。

GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)ではクレジットカードのみの決済に対応しています。

クレジットカードを持っていない方は、クレジットカードを発行するところから始める必要があります。

ちなみに、電話で申し込みたい方は「0120-130-007(受付時間:10:00~19:00)」で申し込みが可能です。

電話で申し込みを完結させたい方は上記の番号に連絡しましょう。

ただ、電話で申し込むとそれ以降の連絡も電話でかかってくる可能性があります。

その点を踏まえて申し込み方法を選択してください。

STEP2.工事日のすり合わせ

申し込みが完了したら、工事日のすり合わせを行います。

申し込みが完了してから2、3日以内に工事日が確定します。

光回線の工事は本人立ち会いの下行われ、特別な事情がない限りは誰かに代理で立ち会ってもらうことはできません。

そのため、希望日が工事日にならなかったとしても、できるだけその日の工事の時間だけでも休みを取るようにしましょう。

工事までは早くても2、3週間ほどかかるため、工事日が決まってからでも休みを確保しやすいです。

もし事前に引っ越しの関係で立ち会いが難しいことがわかっている方は、あらかじめスタッフに伝えておいたほうがよいです。

STEP3.Wi-Fiルーターの発送

GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)では工事予定日の1週間前にWi-Fiルーターが発送されます。

本来ならWi-Fiルーターは自分で用意する必要があります。

ですが、GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)では無料でIPv6対応のWi-Fiルーターを貸し出してくれます

IPv6は最新の通信規格のことで、IPv4よりも使用可能なIPアドレスの数が圧倒的に多いです。

そのため、通信が混雑しにくい傾向にあります。

そんなWi-Fiルーターが無料で連絡できるため、GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)ではそういった点でもお得です。

工事予定日の約1週間前になったら受け取れるため、できる方は工事までに設置の準備を進めておきましょう。

わからない方は工事担当者が来てから設置作業をしてもらってください。

STEP4.開通工事

工事日になったら担当者が工事しに来ます。

先に宅外工事が行われ、それから宅内工事が行われます。

その工事が完了してWi-Fiルーターの接続設定が完了したらインターネットが利用できるようになります。

工事は宅外工事と宅内工事が別日に行われるため、2回の工事が必要です。

そうなると2日分の予定を空けておく必要がある点に注意してください。

Wi-Fiルーターの設定についてですが、基本的には自分で接続するデバイスにパスワードを入力して設定することになります。

その設定がわからない方は、工事の担当者に相談しましょう。

STEP5.届いたメールから口座情報を登録する

接続設定が完了し、インターネットを利用して11カ月が経ったら、登録したアドレスにメールが届きます。

そのメールに口座情報を登録するリンクが添付されているため、リンクを開いて口座情報を登録してください。

口座情報を登録しないとキャッシュバックが振り込まれません。

うっかり忘れてしまう方が多いですが、操作方法に従って手続きを忘れないように注意してください。

GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)のキャッシュバックに関するよくある質問

GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)の利用を検討している方がいますが、キャッシュバックが複雑な仕組みになっています。

そのため、GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)についてさまざまな質問がインターネット上に投稿されています。

今回はその中でも特に質問されることの多かった以下の質問に回答していきます。

  • GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)のキャンペーンはお得?
  • 途中で引っ越してもキャッシュバックはもらえる?
  • 途中で解約すると工事費用はどうなる?

1つずつみていきます。

GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)のキャンペーンはお得?

GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)のキャンペーンは他社と比べてもお得だと言えます。

キャッシュバックキャンペーンを実施している光回線サービスの多くは、1、2万円程度にしています。

ですが、GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)では約5万円のキャッシュバックをもらうことが可能です。

そこまで公式からもらえる光回線サービスはそうそうありません。

ただ、キャッシュバックの受け取りまでに時間がかかってしまう点と乗り換え契約でないとお得にならない点は押えておいたほうがよいです。

今回紹介したキャッシュバックの詳細を踏まえて、GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)が自分にとってお得かどうか判断してみてください。

途中で引っ越してもキャッシュバックはもらえる?

途中で引っ越したとしてもキャッシュバックはもらえます。

途中で引っ越したとしても一度解約して再契約する形になるわけではありません。

そのため、1年継続利用していく中で途中で引っ越したとしても契約期間は途切れることはないです。

ただ、回線の引っ越しによって回線工事費が発生してしまう場合もあります。

キャッシュバックはもらえるとしても、負担が余分にかかってしまう点に注意してください。

途中で解約すると工事費用はどうなる?

途中で解約すると、どの光回線サービスであっても工事費用の残債金が一括で請求されます。

GMO光アクセス(GMOとくとくBB光)では工事費用が実質無料ではあります。

しかし、毎月の月額料金から差し引かれる形となるため、途中で解約してしまうと割引されなかった分が残ります。

その残りだけは解約と合わせて自己負担となり、一括で支払う必要があって不便です。

36回払いだとすると、2年経ったタイミングで解約したら工事費の3分の1は一括で請求されます。

分割で支払うことはできないため、違約金と一緒に残債金が請求されることを理解した上で解約するか判断したほうがよいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です