コワーケーションドットコム

スマートロックで宿泊施設のニューノーマルを支える-構造計画研究所 池田修一氏

コロナ禍で加速したチェックイン新時代への動き
民泊から高級ホテルまで広がる利用対象

宿泊施設におけるチェックインやカギの受け渡し作業を省力化するスマートロック・システム。ホテルや民泊での導入が始まっているが、このシステムを提供するのが構造計画研究所だ。同社の池田修一氏は、スマートロックは単なる省力化やコスト抑制のためでなく、非対面・非接触というニューノーマルを支えるインフラの1つとして、その価値が高まっていると指摘する。(聞き手:弊社代表取締役社長兼トラベルビジョン発行人 岡田直樹) -スマートロック・システム「RemoteLOCK」の開発経緯から教えてください。...