観光産業テレワークに関するアンケート

日本航空、2020年度は2866億円の赤字、売上収益は65%減
新中期経営計画では2023年度にコロナ禍前の利益水準へ

日本航空は5月7日、2021年3月期連結業績を発表した。新型コロナウィルスの影響を受けて売上収益は前年同期比65.3%減の4812億円にとどまった。営業費用も前年同期比32.4%減の8850億円に収まったものの、財務・法人所得税前損益(EBIT)は3983億円の損失、税引前損益は4040億円の損失、親会社の所有者に帰属する当期損益は2866億円の損失となった。今期の期末配当は見送る考えだ。日航は2月の第3四半期決算発表時の通期業績予想では、売上収益4600億円、EBIT4200億円の損失、当期損益3...