キャリチャ

主要49社、8月の国内は6.3%減、プラス企業2割のみ

観光庁が取りまとめた主要旅行会社49社による2019年8月の旅行取扱概況で、国内旅行は6.3%減の2717億656万円、海外旅行の取扱額は前年比3.4%減の2164億9141万円、外国人旅行は8.5%増の190億5734万円となり、合計は4.6%減の5072億5532万円となった。海外旅行と国内旅行の前年割れは3ヶ月連続。取扱額が前年をわずかでも上回ったのは11社で、割合としては22.4%のみ。取扱額の上位20社のなかでは阪急交通社3社計が0.3%増となったほか、名鉄観光サービスが4.7%増、WIL...