キャリチャ

成田、18年度2Qは売上・営利・経利が過去最高-通期を上方修正

成田国際空港(NAA)の2019年3月期(18年4月1日~9月30日)の連結業績で、営業収益は前年比10.6%増の1251億600万円、営業利益は24.5%増の311億6400万円、経常利益は30.6%増の303億8200万円、当期純利益は14.5%減の205億900万円となった。営業収益、営業利益、経常利益は民営化以降の最高を更新。NAAによると、訪日外国人の増加により、空港運営事業やリテール事業が好調だったことが要因。当期純利益は、前年に厚生年金基金の代行返上益などの特別利益があった反動で減少を...