第6回トビィ抽選会

主要50社、5月の国内旅行は0.9%減、訪日は7.8%増

  • 2018年8月8日

観光庁が取りまとめた主要旅行会社50社の2018年5月の旅行取扱状況で、国内旅行の取扱額の合計は前年比0.9%減の2923億9938万円となった。企業別に見ると、取扱額の1位はJTB12社計で、3.9%減の873億4124万円、2位は楽天で5.8%増の495億4240万円、3位はKNT-CTホールディングス13社計で4.2%減の294億5204万円だった。上位10社中4社が前年を上回り、最も伸長したのは阪急交通社3社計で6.4%増の134億2635万円だった。前年を下回った6社のうち、最も落ち込んだ...