コワーケーションドットコム

豪州70万人へ、座席増など追い風に-各州に聞く現状と戦略

新規就航も積極誘致、業界向け活動の強化も

日本人訪問者を5年で倍増――。新興国ならば不思議ではないが、オーストラリアは30万人強を2020年までに70万人へ拡大しようとしている。途方もない目標のようにも思えるが、カンタス航空(QF)による羽田/シドニーと成田/ブリスベンの就航、日豪経済連携協定(EPA)の発効など追い風も吹く。目標達成に向けた現状と取組みの方針を、6月22日から25日にかけて現地で開催された商談会「AUSTRALIAN TOURISM EXCHANGE(ATE)」で聞いた。▽オーストラリア政府観光局(TA) 2014...