熊野古道SEN.RETREAT

首都圏空港の強化、可能性検討へ会議体、今夏中にも設立

国土交通省航空局長の田村明比古氏は7月28日に開催した専門誌会見で、首都圏空港の機能強化に向け、関係自治体や航空会社を集めた新しい会議体の設立をめざしていると説明した。成田と羽田の機能強化については、交通政策審議会航空分科会基本政策部会の下に設置した首都圏空港機能強化技術検討小委員会が7月8日に中間取りまとめを公表したところ。同取りまとめでは、滑走路の運用や飛行経路の見直しなどを実施すれば2空港とも年間4万回ずつ増枠が可能としている。田村氏によると、中間とりまとめは「技術的な選択肢をリストアップして...