TASAキャンペーン

第2種の中央旅行が破産申請-負債額は2億1700万円

  • 2013年4月4日

東京商工リサーチ(TSR)によると、東京都の第2種旅行業、中央旅行が4月1日付で東京地方裁判所に破産申請し、同日破産開始決定を受けた。負債総額は2億1700万円で、債権者は84名。旅行者への被害は出ていないという。中央旅行は同社ウェブサイトによると、1972年11月に三協トラベルサービスとして設立後、翌年から第3種旅行業として業務を開始。1978年に社名を現在のものに変更し、2005年に第2種を取得していた。国内旅行を主体とし、主に研修旅行や団体旅行を取り扱っていた。特に企業や官公庁などに対し、イベ...