TIFS

ヒルトン・シンガポール・オーチャード、アジア太平洋地域で最大規模1080室でレジャー、MICEに対応-日本人向けサービスも

シンガポールはいち早く2022年4月から、パンデミックによる入国時隔離やPCR検査などを撤廃し、観光にもビジネスにも出入国を開いてきた。2022年10月には外国人入国者数が81万6758人になり、2019年の50%程度までに回復している。パンデミックからの復活著しいシンガポールを11月上旬に訪れ、1080室というアジア太平洋地域で最大規模のヒルトンである「ヒルトン ・シンガポール・ オーチャード」に宿泊した。2021年2月から1年間、1億5000万シンガポールドルをかけた改装を経てのリブランド開業。...