熊野古道SEN.RETREAT

鉄道7社が連携し「関西MaaS協議会」設立、23年夏にアプリをリリース

関西の主要鉄道事業者7社が共同でMaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)システムを構築する。11月8日、「関西MaaS協議会」を設立、今後アプリを開発、リリースすることに合意した。関西でのシームレスな移動手段の提供に向け、今後連携を深めていく。鉄道事業者によるMaaSシステム・アプリの共同構築は国内では初めて。協議会に参画するのは、大阪メトロ、近鉄、京阪、南海、JR西日本、阪急、阪神の7社。これまで、2025年の大阪・関西万博開催に向け、19年10月に「関西MaaS検討会」を設立、関西でのMaaS...