「あの人にインタビューして欲しい」リクエスト受付中!

エア・カナダ、バンクーバーの新ラウンジ「シグネチャー・スイート」が再開

  • 2022年5月12日

 バンクーバー国際空港に2020年3月にオープンしたラウンジ「エア・カナダ・シグネチャー・スイート(The Air Canada Signature Suite)」が5月4日より再開した。「シグネチャー・スイート」は長距離国際線の有償ビジネスクラス旅客専用で、トロント・ピアソン国際空港に続く2ヶ所目の設置。アップグレードやマイルの特典航空券の旅客は利用できない、既存の「メイプルリーフ・ラウンジ」よりもワンランク上の空港ラウンジの内部を写真で紹介する。

取材協力:エア・カナダ

  • 専用のカウンターが設置され、ここから2階にあがる

    エア・カナダ・シグネチャー・スイート入口 (1)

  • 2階のシグネチャー・スイートに上がる階段では、アーティスティックなオブジェが迎えてくれる

    エア・カナダ・シグネチャー・スイート入口 (2)

  • 階段を上がるとコンシェルジュが案内してくれる

    エア・カナダ・シグネチャー・スイート入口 (3)

  • 高級レストランのような佇まい。出発までゆっくりと過ごすことができる

    シグネチャー・スイートの空間(1)

  • ラウンジ奥の空間もシックでラグジュアリーな空間を演出

    シグネチャー・スイートの空間 (2)

  • 窓の外に広がる空港ならではの光景も楽しみのひとつ

    シグネチャー・スイートの空間 (3)

  • 落ち着いたシックな空間はまさに「ワンランク上」の印象

    シグネチャー・スイートの空間 (4)

  • ビュッフェには「メイプルリーフ・ラウンジ」よりもワンランク上のメニューが用意されている。市内の「ローズウッドホテル・ジョージア」に入る人気レストランの味を空港で楽しむことができる。

    食事 (1)

  • メニューを監修したデイビッド・ホークワース氏

    食事 (2)

  • バーでは「ブレット・ライ」ウイスキーをベースとしてメイプルシロップなどを組み合わせた「シグネチャー・カクテル」も提供

    バー(1)

  • ワイン、シャンパーニュなどもプレミアム

    バー(2)

  • 化粧室のハンドウォッシュは、モルトン・ブラウンを採用

    化粧室

  • メイプルリーフ・ラウンジの入口。この2階に「エア・カナダ・シグネチャー・スイート」が新設された。手荷物検査場の目の前で便利なロケーションだ

    メイプルリーフ・ラウンジ(1)

  • メイプルリーフ・ラウンジもゆったりとしたスペースを確保。バーカウンターも設置され、各種アルコールを楽しむことができる

    メイプルリーフ・ラウンジ(2)

  • コピー機、充電機などのビジネス機器も設置

    メイプルリーフ・ラウンジ(3)

  • ACの「シグネチャー・クラス」は1-2-1の配置で、全席通路へのアクセスが可能。進行方向に対して席を斜めにしたヘリンボーン型。枕、掛け布団に加えて、敷きパッドも用意されている

    ビジネスクラス「シグネチャー・クラス」(1)

  • モニターは18インチと大きめで、5K対応。映画は日本語吹き替えのものも多い。またモニター自体もタッチパネルに対応しているが、寝ながらだと液晶つきのコントローラーでの操作が便利だ

    ビジネスクラス「シグネチャー・クラス」(2)

  • サイドボードには、シートのリクライニングや、読書灯などのオン/オフなどさまざまな操作ができるタッチパネル式液晶画面も設置

    ビジネスクラス「シグネチャー・クラス」(3)

  • バンクーバー発の機内食には、モントリオールのシェフ、アントニオ・パーク氏監修の和食も用意

    ビジネスクラス「シグネチャー・クラス」(4)

  • ACによると、プレミアムエコノミーシートの人気も高まっているところ。B787-9では2-3-2の配列で全21席。言うまでもなくエコノミークラスと比較すると格段の快適さだ

    プレミアムエコノミー