ウィズコロナの現地レポート、ハワイ編-世界の「今」を駐在員の視点から

オアフ島郊外の観光タウン(ノースショア&カイルア)

 人気の郊外タウン、ハレイワやカイルアも観光客がいないため、ワイキキ程ではありませんが、営業を休止している商店、レストランも見られます。

オアフ島郊外のハレイワ・タウン。平常時は観光車両やレンタカーで賑わう通りも交通量はまばら

ジョバンニのシュリンプ・ワゴンなどB級グルメの人気屋台が並ぶスポット。全て営業中ですが、駐車スペースを見ての通り、客数は少な目。

マツモト・シェイブアイスも行列はなし。飲食店は営業していますが、ブティックやショップは閉店中の店舗もあります。向かいのレイズ・フリフリ・チキンは営業中でした

「マスクなしは、サービスなし」。屋外のカジュアルな店でもソーシャル・ディスタンスとマスクは必須です

野生の海亀に会えるラニアケア・ビーチ。海亀もリラックスして日光浴中。このビーチに限らず、島内のビーチや自然環境は本来の姿を取り戻しています。回復後は生き生きとしたハワイの自然を楽しんでいただけるチャンスだと思います

カイルア・タウンのホールフーズ。観光客の往来はありませんが、地元民も利用するスーパーマーケットは盛況です。ソーシャル・ディスタンスを守るため、入店人数は制限されており、店員の案内に従っての入店となります

ホノルル市中の様子

 在宅勤務の継続が奨励されていますので、ホノルル市中の人通りは観光地のワイキキも、ビジネス街のダウンタウンも変わらず、ひっそりとしています。規制緩和に伴い、交通量は少しずつ増えているように感じますが、まだまだ不要な外出を市民は避けているように感じます。

ビジネスの中心地ダウンタウン。リモートワークが奨励されているため、平日でも人通りは少なくなっています

アラモアナ・センターのフードコート。地元民も利用するショッピングセンターなどは営業を再開しており、賑わいも見せ始めています

華やかな見た目ですが、夜間のワイキキは散歩をするには心構えが必要なほど人通りがありません

株式会社トランスオービット
米国本土・ハワイ・カナダ・オーストラリア・韓国に現地法人を有するランドオペレーター
http://www.transorbit.co.jp/
お問い合わせ・お見積りは以下のフォームよりお願いいたします
http://www.transorbit.co.jp/contact/

関連ニュース