旅行業・観光業DX・IT化支援サービス

成田、2月の国際線旅客は7.5%増、日本人5ヶ月ぶりに増加

  • 2016年3月29日

 成田国際空港(NAA)によると、2016年2月の国際線旅客数(速報値)は前年比7.5%増の249万1582人となった。このうち日本人旅客数は4.3%増の104万676人と、5ヶ月ぶりに前年を上回った。NAAでは円高傾向や、学校休暇に伴う旅行の増加などが影響したと見ている。外国人旅客数は12.6%増の104万4516人で、37ヶ月連続で前年を上回り、2月として過去最高となった。通過客は3.7%増の40万6390人だった。

 国際線旅客便の発着回数は11.9%増の1万2928回で、11ヶ月連続で増加し、2月として過去最高を記録した。1月の深セン航空(ZH)、LOTポーランド航空(LO)、四川航空(3U)の新規就航に加え、2月の春秋航空日本(IJ)の新路線開設などが後押しした。

 なお、国内線の旅客数は12.7%増の52万2379人、旅客便の発着回数は3.6%増の3723回だった。国内線の詳細は別途記載(下記関連記事)。