ガルーダ、新ビジネスクラス搭載のA333受領、B773の新機材も

  • 2016年2月4日

GAビジネスクラスの新シートのイメージ  ガルーダ・インドネシア航空(GA)は2月1日、ビジネスクラスの新シート「スーパーダイヤモンド」を搭載した新機材のエアバスA330-300型機を1機受領した。座席数はビジネスクラスが24席、エコノミークラスが263席の計287席。GAによると、すでにシドニー/デンパサール線に投入したという。なお、日本路線への導入は、現時点では計画していない。

 ビジネスクラスの新シートの配列は1-2-1で、全席が直接通路に面している。シート幅は61センチメートルで、フルフラットシートを採用した。各席にはタッチパネル式の16インチのモニターとコントローラーを用意。USBポートと電源コンセント、アームレスト、ヘッドレスト、読書灯も設けた。

 また、同日には新機材のボーイングB777-300ER型機も受領。GAは今後、年内にエアバスA330-300型機を3機、A320型機を8機、ATR72-600型機を4機受領する予定で、2016年12月末時点での総保有機材数は188機になる見込みという。

関連ニュース