ファーストキャビン、西新橋に新ホテル、初年度は稼働率8割めざす

  • 2015年10月27日

6階のフロントデスク  ファーストキャビンは11月2日、東京都の西新橋に「ファーストキャビン愛宕山」をグランドオープンする。ファーストキャビンは「コンパクト&ラグジュアリー」をコンセプトに飛行機のファーストクラスをイメージしたホテルで、愛宕山は秋葉原、築地、羽田、京都、大阪、博多に続き7店舗目となる。10月26日のソフトオープン前に開催したメディア向けの内覧会で、同社代表取締役社長の来海忠男氏は「初年度は80%の稼働率達成をめざす」と意欲を示した。

ファーストクラスキャビンの室内。一部の部屋では、壁面にテーマカラーの「ターコイズブルー」を採用した 新ホテルは都営地下鉄三田線の御成門駅から徒歩5分の位置にあり、3階から5階までを男性用フロア、6階をフロントと飲食施設の「Cafe&Bar 15」、7階と8階を女性用フロアに設定。客室は全150室で、1部屋4.4平方メートルの「ファーストクラスキャビン」が男性用33室、女性用14室の計47室、1部屋2.5平方メートルの「ビジネスクラスキャビン」が男性用60室、女性用43室の計103室となっている。

6階のフロントに隣接する「Cafe&Bar15」 ホテルのコンセプトは「オアシス」に設定。来海氏は「安らぎを覚えてもらい、愛していただける店舗」をめざし、そのために内装のテーマカラーとして、鎮静や睡眠促進効果があるというターコイズブルーを採用した旨を説明した。

 同ホテルのターゲット層はビジネス需要やインバウンド需要など。来海氏によると、店舗により異なるが、現在のファーストキャビンの利用者のうち、全体の約30%から50%が訪日外国人旅行者という。新ホテルはオフィス街に位置しているため、他の店舗に比べ日本人のビジネス需要の割合が多くなる見込みだが、訪日外国人旅行者の割合は他店舗と同様に30%から50%を予想している。

女性用のパウダールーム。資生堂のアメニティやヘアアイロンなどを完備 このほか、館内にはラウンジや大浴場、シャワーブース、パウダールーム、喫煙室などを設置。販売価格はファーストクラスキャビンの場合、宿泊が6800円でデイユースは1時間あたり1000円、ビジネスクラスキャビンは宿泊が5800円、デイユースは1時間900円とした。なお、デイユースは2時間から利用できる。

ファーストキャビン代表取締役社長の来海忠男氏 販路については店舗により異なるが、現在は直販が約4割でOTAが約6割。新ホテルでも同様の割合を見込んでいるという。

 ファーストキャビンでは、2020年までに店舗数を50店舗に拡大することを目標に掲げているところ。来海氏は「今後1年間で新たに7店舗をオープンする」と話し、東京の京橋や赤坂、大阪、長崎に開業する計画を明らかにした。

関連ニュース