ペルー・アレキパ、鉱山開発反対の「デモ」発生に伴う影響‐続報3

  • 2015年5月28日

 現地時間昨日2015年5月27日にペルー南部のアレキパ州で実施されたデモに関する情報をお伝えいたします。

 デモ抗議は予定通りペルー南部のアレキパ州で行われ、この影響を受けコルカキャニオンやプーノへ行くための幹線道路が一時封鎖されましたが、軍が介入したことにより、およそ1時間後に封鎖は解除されました。

 その他の地域でも小規模のデモが行われ逮捕者も出ておりますが、交通に制限が出た以外には、特に大きな影響はありません。

 該当地域では、5月28日も引き続き警察・軍が警備にあたり、治安維持に努める予定です。

 該当地域へのご旅行をご予定の方は、引き続き最新情報に十分ご注意ください
またデモの行われている場所へは、くれぐれも興味本位で近付くことのないよう、お願いいたします。

 
※参考(5月27日発出情報): ペルー アレキパ / 鉱山開発反対の「デモ」発生に伴う影響
http://www.otoa.com/news_detail.php?code=28833


情報提供:株式会社ラティーノ日本海外ツアーオペレーター協会

関連ニュース