スターウッド、14年は74軒オープン、計1万5000室

  • 2015年1月22日

 スターウッドホテル&リゾートはこのほど、2014年中に26ヶ国・74軒のホテルを新たにオープンし、総客室数は1万5000室に上ったことを明らかにした。新規運営委託及びフランチャイズ契約は前年比15%増の175軒となり、契約数は5年連続で増加して2007年以降最高となった。

 カテゴリー別では、「セントレジス」「ザ・ラグジュアリー・コレクション」「W」のラグジュアリーホテルでは12軒を開業。今後2年間でさらに25軒以上のホテルをオープンする計画で、2015年は「セントレジス」をイスタンブール、マカオ、ドバイ、ムンバイに、「ザ・ラグジュアリー・コレクション」を南京、テキサス州のサンアントニオ、レバノンのブルマナに、「W」をアムステルダムとゴアに開業する計画だ。

 また、アッパーアップスケールカテゴリーの「シェラトン」「ル・メリディアン」「ウェスティン」の3ブランドでは、14年に27軒の新規ホテルを開業。15年は、14年9月時点で733軒ある同カテゴリーを、750軒にまで増加することをめざす。このうち、シェラトンではサモアとルーマニア、イラクでの開業を計画しており、アフリカでは2018年までに6軒のオープンをめざす。また、「ル・メリディアン」ではインドとバングラディシュ、ブータンにオープンし、新興市場におけるシェア拡大をはかるという。一方、「ウェスティン」は北米で125軒目、アジアで50軒目となる新規ホテルを開業する。

 このほか、「フォーポイント・バイ・シェラトン」「アロフト」「エレメント」のミドルマーケットカテゴリーにおいては、35軒のホテルを開業し、100軒の新規契約を獲得した。15年は「フォーポイント・バイ・シェラトン」を25軒以上開業する計画で、「アロフト」は中華圏で10軒のオープンをめざすほか、ドイツなど未進出の国でも開業をめざす。「エレメント」については中国、ロンドン、アムステルダム、ボストン、フィラデルフィアでのオープンを予定し、2017年までに軒数を3倍に増やしたい考え。

関連ニュース