JTB「日本の旬」秋冬は沖縄 海・花・星・食・祭テーマにツアー

 JTBが国内旅行活性化を目的に半年ごとに展開する国内デスティネーションキャンペーン「日本の旬」。2014年度下期(10月1日-15年3月31日)は「沖縄」を対象地域として、沖縄ならではの季節感と素材を旅行商品や情報発信を通じてアピールし、秋冬の旅行需要を喚起する。

 テーマは「感動カラフル!あったか美ら彩(いろ)の沖縄」。海・花・星・食・祭の5つをメーンテーマに、沖縄本島と周辺離島の素材を掘り起こし、周遊型観光商品をラインナップした。

 エースJTBでは各テーマごとにツアー・プランを設定。「海」は国立公園・慶良間諸島をめぐる周遊ツアーや、東シナ海に沈む夕陽を見ながらのディナーと閉館後の沖縄美ら海水族館を楽しむバスツアー、「花」は中城村の大城さんぽ道を訪ね、日本一早く咲くひまわりなど花々を楽しむツアーを用意した。「星」は古宇利オーシャンタワーで満天の星空観察、「食」は地元の味を気軽に楽しめる「OKINAWANカップグルメ」や「島鍋」プラン、「祭」は琉球の伝統芸能などが集うJTBオリジナルイベント「杜の賑い沖縄」で沖縄の魅力を伝える。

 また、着地型企画も充実。「感動の瞬間100選」は鍾乳洞が崩壊してできた谷間に広がる森「ガンガラーの谷」など5コース、「感動魅力人」は具志堅用高さんの人となりや石垣島の魅力に触れるプランを企画した。地域交流型旅行商品「地恵のたび」も名護、豊見城、武富で設定した。


情報提供:トラベルニュース社

関連ニュース