旅行業・観光業DX・IT化支援サービス

アルゼンチン・サルタ、「雲の列車」運休に(~10月)

  • 2014年7月24日

 現地時間2014年7月19日(土)、アルゼンチン北西部サルタの「雲の列車」で脱線事故が発生し、当日の列車が運休となるといった出来事がありました。

 観光シーズンを迎え増便中であったこともあり、当初は数日中に補修を済ませ運行を再開する予定でしたが、予想以上の修理が必要であることが判明したことから、同列車の運営会社では安全面の強化対応のため、約3ヵ月間の運休を発表いたしました。

 これを受け10月までの間は「雲の列車」は運休となります。

 なお11月より運行が再開される予定ですが、利用の際は事前に確認が必要です。

 これを受け、サルタの「雲の列車」の利用を予定していたお客様は、その日は別のツアーに参加する等、日程の変更が必要となりますのでご注意ください。

 
※「雲の列車」とは・・・ ((株)ラティーノ提供)
 アルゼンチン北部にあるサルタからポルボリージャ鉄橋までの山岳ルートを運行し、中南米で一番高い所を走る列車です。

 最も高いところで標高4,220mと富士山よりも高い場所を走ります。


情報提供:株式会社ラティーノ株式会社ウニベルツール日本海外ツアーオペレーター協会