ANAセ、A380で「ハワイ青く染める」、20年度取扱10万人へ

  • 2018年3月7日(水)

浅田氏  ANAセールス執行役員で経営企画部長などを務める浅田康夫氏はこのほど本誌のインタビューに応え、2019年春に全日空(NH)が首都圏とホノルルを結ぶ路線にA380型機を投入することを受け、20年度にはハワイ旅行の年間取扱人数として10万人をめざす考えを示した。パッケージツアーの取扱人数は16年比2.5倍の5万人に増やし、取扱人数が少ないホテルや現地アクティビティなどで1万人、団体旅行で4万人をめざす。浅田氏は「ANAグループ総力を挙げて強化し、ハワイを青く染めたい」と意気込みを語った。

 A380型機については、ANAホールディングス(ANAHD)代表取締役社長の片野坂真哉氏が2月23日の記者会見で、座席数について「500席を少し越える」との見通しを示したところ。NHのホノルル線は、成田・羽田線ともに全246席または215席のB787-9型機で運航しているため、提供座席数は大幅に増えることになる。浅田氏は「ANAセールスの役割は大きくなる」と述べ、ツアー商品ではA380型機の魅力をアピールする考えを説明。また、詳細は明かさなかったが、ウェディング会社との取組も検討していることについても語った。

 浅田氏は、旅行者のFIT化により、NHの公式サイトで航空券のみを購入し、ホテルや現地アクティビティをOTAなどで購入するケースが増えていることについても言及。今秋を目処に、マイルでホテルや現地アクティビティなどを購入できるサービスを開始し、ANAマイレージクラブ会員の囲い込みをはかる考えを示した。国内旅行についても夏を目途にシステムを刷新し、ホテルやレンタカーなどの素材販売を強化するという。

 そのほか、17年度は高額商品の「ANAワンダーアース」「大人のゆとり旅」など添乗員付きパッケージツアーなどについては、「お客様と添乗員やスタッフとの濃密なコミュニケーションが必要」との考えから、自社によるインターネットなどでの直販を進めたことを説明。一方で、FIT向けの「ANAハローツアー」については、送客を強化したいハワイなどを中心に展開し、今後も引き続き旅行会社各社に協力を求めて店頭・ウェブを問わず幅広く販売する考えを示した。

※インタビューの詳細は後日掲載予定


※訂正案内(編集部 2018年3月8日10時00分)
訂正箇所:第3段落第4文
誤:レンタカーなどをマイルで購入できるように変更する

正:レンタカーなどの素材販売を強化する
そのほか、本文中の一部で浅田様のお名前を間違えて表記しておりました。お詫びするとともに訂正致します。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

SkyTeamワークショップ&セミナー2018
TABI Butler
求人広告
ワンクリックアンケート

サッカーW杯の優勝は

投票する

助成金・補助金情報

「【愛知県】蒲郡市観光協会 教育旅行インバウンド助成制度」
▽補助金交付の対象 ・日本にあるランドオペレーターまたはレップ ・直接宿泊手配をした...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ