羽田、20年夏に発着枠3.9万回増、配分は「遅くとも10月上旬」

国土交通省航空局は本誌の取材に応え、羽田空港の発着枠について、関係自治体や住民などの理解を前提に、2020年の東京五輪までに増枠をめざす考えを改めて示した。深夜早朝時間帯以外の国際線の年間発着枠について、現在の6万回から約3.9万回増の9.9万回に増やすもので、これにより年間の運航便数は約1.9万便増えることになる。発着枠増の時期は、東京五輪が開催される20年夏ダイヤ中となる見通し。羽田の発着枠の... 続きを読む

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

デスティネーション

デスティネーション

ポリネシア人のふるさと、ライアテアとタハア-楽園タヒチの注目スポット

タヒチ観光局は先ごろにタヒチ島で開催したトラベルマート「...

インタビュー

インタビュー

トップインタビュー:ドイツ、デジタル強化で予算追加-19年は「音楽の国」[PR]

2018年は「美食の国ドイツ」を訴求するドイツ観光局。ソ...

イベントレポート

イベントレポート

時間外労働はいかに削減すべきか-座談会レポート(前・実名編)

日本旅行業協会(JATA)はこのほど開催した「ツーリズム...

ニュージーランド航空で、もっと楽しい空の旅
求人広告
ワンクリックアンケート

会社から携帯電話(スマホ含む)を支給されていますか?

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ