キャリチャ

ANAHD、来年2月にも新中計、五輪後見据え収益力強化

  • 2017年11月21日

ANAホールディングス(ANAHD)代表取締役社長の片野坂真哉氏は11月21日に開催した定例記者会見で、来年2月を目途に2018年度からの新たな中期経営計画を発表する考えを明らかにした。16年度から20年度までの現中計は20年の東京五輪開催を見据えて策定したが、五輪後の成長を見据えて計画を練り直し、新たに仕切り直す考え。期間については明らかにせず「五輪後の状況次第だが、5ヶ年など長めのスパンになると思う」と語った。ANAHDは現中計を16年1月に発表したが、米国大統領選挙の結果やAIなどの進歩、燃油...