「ベンダーさん」を今すぐフォローしよう!

修学旅行後の感染事例は「極めて少ない」、JR6社とJATA、ANTAらが20年度の実施状況まとめる

JR6社と日本旅行業協会(JATA)、全国旅行業協会(ANTA)、日本修学旅行協会、全国修学旅行研究協会がこのほどまとめた2020年度の修学旅行の実施状況によると、新型コロナ感染拡大が本格化した3―12月出発の修学旅行で、参加者71万人中、旅行後にコロナ感染が判明したのは30人。10万人あたりでは全国の感染者数307・4人と比較すると4・2人と大幅に少なかったと発表した。資料では、修学旅行後の感染事例は「極めて少ない」とした上で、「学校関係者の指導や配慮、生徒たちの行動、旅行会社や観光事業者らの対策...