SEISIN GROUP

関空、年末年始は6%増の39.3万人予想-11月は10ヶ月ぶりの5%増

  • 2011年12月19日

関西国際空港の2011年12月23日から2012年1月4日までの国際線旅客数は前年比6%増の39万3400人となる予想だ。冬期スケジュールからの外国航空会社の増便や円高の影響で、4年ぶりに1日3万人を上回る見込みだという。このうち、出発旅客数は10%増の20万5700人、到着旅客数は3%増の18万7700人となった。出発ピークは12月30日で1万8900人、到着ピークは1月4日で1万8400人となる見込み。方面別では、昨年と同様に近場の韓国、東南アジア、中国が上位3位を占めた。伸び率をみると、ハワイ...