日本航空とガルーダ、コードシェア拡大、関空・中部線など対象に

  • 2019年4月24日(水)

 日本航空(JL)とガルーダ・インドネシア航空(GA)は5月8日、コードシェア対象路線を拡大する。

 2社は昨年9月に包括的業務提携で合意し、10月28日からJLが成田から運航するジャカルタ、ニューヨーク、ロサンゼルス、羽田から運航する新千歳、中部、福岡の各路線と、GAが運航する成田発着のデンパサール線、羽田/ジャカルタ線、そしてジャカルタ/スラバヤ線、ジャカルタ/ジョグジャカルタ線を共同運航してきた。

 5月8日以降は新たに、JLの羽田/伊丹線と、GAの関空/ジャカルタ線、中部/ジャカルタ線も対象となる。

■海外ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ