JTB、遠隔地体験ロボのスタートアップに出資、技術を観光に応用

  • 2018年12月3日(月)

 JTBはこのほど、遠隔地にあるロボットを自分の分身のように操る「テレイグジスタンス技術」の開発を進める、東京都のTelexistenceへの出資を決定した。同技術の観光関連サービスへの応用を模索する。両社はすでに業務提携関係にあり、今年9月には小笠原諸島と東京湾の竹芝を同技術で結び、竹芝において小笠原の魅力を疑似体験する「小笠原村の観光資源の遠隔体験イベント」を実施している。

 両社は今後、遠隔体験などの「観光体験サービス」、遠隔就労などの「就労機会創出支援関連サービス」、移住促進などの「生活支援関連サービス」の分野で共同開発を進めるとしている。JTBは現在、大規模スタートアップ支援プログラム「JTBアクセラレーター」などにより、外部企業との協力関係を強化しているところ(下記関連記事)。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

ベルトラ1
求人広告
ワンクリックアンケート

私の中のM-1グランプリの優勝は

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ