マカオ、3月の日本人は19%増、17年は30万人超を予想

  • 2017年6月1日(木)

 マカオ観光局によると、2017年3月の日本人旅行者数は前年比19.2%増の3万3158人となり、2ヶ月連続で前年を上回った。このうち77.5%が香港などからのフェリーを利用した海路による訪問で、空路による訪問は14.4%、珠海などからの陸路による訪問は8.1%だった。

 同局によれば増加の要因は、西日本を中心に地方空港からの香港線が増加して香港経由でマカオを訪問する日本人が増えたこと、ホテル数の増加などで客室が予約しやすくなったことなど。尖閣諸島問題など日中間の政情不安による需要の低迷からも回復傾向にあるという。

 2017年に入ってからの日本人旅行者数は、1月は0.2%減の2万5777人、2月は29.5%増の2万7058人で、1月から3月までの累計は15.4%増の8万5993人。今年は16年の30万613人と同様に30万人以上の日本人旅行者を見込むという。

■海外ニュース

ユナイテッド航空 成田-グアム線グループキャンペーン
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行することは好きですか?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ