マレーシア航空、受託手荷物超過料金引き上げ

  • 2014年11月9日(日)

 マレーシア航空(MH)は11月7日搭乗分から、受託手荷物の超過料金を引き上げる。日本/マレーシア線では、これまで1ユニット(5キログラム)あたり115リンギットまたは35米ドルとしていたが、今後は145リンギットまたは45米ドルとする。

 日本線以外のクアラルンプール発着国際線については、これまで70リンギットから170リンギット、または21米ドルから52米ドルとしていたが、今後は85リンギットから195リンギット、または25米ドルから60米ドルに引き上げる。国内線についてはマレーシア半島内、サバ州内、サラワク州内はそれぞれ45リンギットから55リンギットに。マレーシア半島とサバ州、サラワク州を結ぶ線は、55リンギットから65リンギットに値上げする。

 合わせてスポーツ用具の受託ポリシーも改定。これまでエコノミークラスでは手荷物2個とスポーツ用具1個の総重量45キログラムまでを許容量としてきたが、今後はスポーツ用具を含む手荷物2個の総重量30キログラムまでを許容量とする。同様に、ビジネスクラスでは手荷物2個の総重量40キログラム、ファーストクラスでは手荷物2個の総重量50キログラムまでを新たな許容量とする。

■海外ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019
ユナイテッド航空 成田-グアム線グループキャンペーン
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行することは好きですか?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ