鹿児島・仙巌園、2月2日から島津家伝来の人形と雛道具を展示へ

  • 2008年1月15日(火)
 鹿児島県の仙巌園・尚古集成館は2月2日から、毎年恒例となる島津家伝来の「人形と雛道具」を展示する薩摩のひなまつりを展開する。人形は、公家の装束を正しく考証した有職雛(ゆうそくひな)で、島津家が京都へ訪問した機会にお返しとして賜ったものと言われる。また、雛道具は、5代将軍の徳川綱吉の養女「竹姫」が島津家22代の島津継豊に嫁入りした際、持参したと伝わり、約98種、550点にのぼる。この薩摩のひなまつりにあわせ、薩摩の土人形展として帖佐人形、垂水人形、東郷人形をかつての薩摩の家々で飾られていたものと同じように展示する。

 NHKの大河ドラマ「篤姫」の放映にあわせ、鹿児島市のドルフィンポート内に「篤姫館」が来年1月12日までの期間、オープンしており、鹿児島では篤姫と共に、薩摩、あるいは島津家の歴史にも触れることができる。

■海外ニュース

ユナイテッド航空 成田-グアム線グループキャンペーン
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行することは好きですか?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ