国交省、岩手、静岡、長崎、沖縄の地域限定通訳案内士試験の実施を認可

  • 2007年5月21日(月)
 国土交通省によると、平成19年度から岩手、静岡、長崎、沖縄の4県の地域限定通訳案内士試験が初めて実施される。これは各県が地域限定通訳案内士試験の実施のため申請した「外客来訪促進計画」の変更について、国交相が同意したもの。4県とも、英語、中国語、韓国語の3ヶ国で試験を実施する予定だ。

 地域限定通訳案内士制度は、都道府県知事が実施する地域限定通訳案内士試験の合格者に、当該試験が行われた都道府県の区域において報酬を得て、通訳案内を行うことを認める制度。筆記試験と口述試験で構成し、英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、中国語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、韓国語、タイ語が対象だ。都道府県が実施するためには、各自治体の外客来訪促進計画を、同試験の実施に関する事項を盛り込んだものに変更する必要がある。

■海外ニュース

Travelport
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

海外発のファストファッションといえば

投票する

助成金・補助金情報

「 【秋田県】長距離フェリー秋田航路 旅行商品造成費等助成事業 」
▽実施主体 秋田県環日本海交流推進協議会 ▽補助金交付の対象 旅行会社 ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ