泉州7商議所が広域観光連携協議会設立 インバウンド誘致目指す/大阪

  • 2018年2月26日(月)

 大阪府南部・泉州地域の7商工会議所は1月23日に「泉州地域広域観光連携協議会」を設立した。関西国際空港が圏域に立地することを生かし、訪日外国人観光客の誘客を目指す。

 参画した商工会議所は堺、泉大津、岸和田、貝塚、泉佐野、高石、和泉。会長には岸和田の中井秀樹会頭(岸和田観光バス)が就いた。

 関空のおひざ元でありながら、訪日客は大阪市内などへ直行してしまい、その利点を生かせていないのが現状。そのため、圏域各市が連携して観光素材を磨き、つないで、サイクルツーリズムなど新たな観光の魅力を創出し、誘客につなげる。4月に設立予定の「泉州観光DMO」とも連携していくという。


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース

タイ国際航空
TABI Butler
求人広告
ワンクリックアンケート

一番ストレスが溜まるのは?

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

LINEスタンプ
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ