阪急交通社グ、12月の国内は2.7%増-訪日は3.7%減

  • 2018年2月14日(水)

 阪急交通社グループ3社の2017年12月の旅行取扱状況で、国内旅行の取扱額は前年比2.7%増の82億3468万円だった。主力の阪急交通社は2.9%増の80億9675万円で、ほぼ全方面が前年を上回った。このうち沖縄は、離島を巡るツアーが人気だったという。

 業務渡航系の2社のうち、阪急阪神ビジネストラベルは8.1%減の2億3694万円で、企業の出張や団体旅行が減少した。阪神トラベル・インターナショナルは19.1%増の783万円。取扱額の合計はグループ内取引を相殺した上で発表している。

 グループ3社の外国人旅行の取扱額は3.7%減の6867万円。阪急交通社は引き続き欧米豪市場を中心に好調で、6.4%増の5742万円となった。阪急阪神ビジネストラベルは35.4%減の1125万円。阪神トラベル・インターナショナルは外国人旅行を取り扱っていない。

 なお、3社の海外旅行の取扱額の合計は6.1%増の143億6006万円だった。海外旅行の詳細は別途記載(下記関連記事)。

■国内・訪日ニュース

インフィニ 123キャンペーン2018
ベルトラ1
求人広告

助成金・補助金情報

「ミートツーリズムツアー造成支援事業補助金」
趣旨都城市では、「日本一の肉と焼酎のふるさと・都城」で、本物の肉と焼酎を味わい、その魅力...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ