通訳案内士、16年度は13.4%増の2404人が合格

  • 2017年1月18日(水)

 日本政府観光局(JNTO)はこのほど、2016年度の通訳案内士試験の合格者を発表した。受験者数は前年比3.0%増の1万1307人、合格者数は13.4%増の2404人で、訪日旅行に対する関心の高まりを受けて、ともに前年を上回った。合格者のうち65人が外国籍で、合格率は21.3%となった。

 言語別の合格者数は英語が最も多く、2006人で合格率は23.8%。以下は中国語が140人で9.5%、フランス語が67人で20.1%、韓国語が60人で15.8%、スペイン語が59人で23.3%、ドイツ語が31人で31.3%、イタリア語が15人で12.6%、ロシア語が13人で11.7%、ポルトガル語が10人で16.1%、タイ語が3人で6.4%となった。

 年代別では、50代が734人と最も多く、全体の30.5%を占めた。2位以下は40代が633人、60代が426人、30代が394人、20代が170人、70代が40人、10代が7人と続いた。最年長合格者は78歳の男性で、受験言語は英語。最年少は13歳の女性で、受験言語は英語だった。

 職業別では会社員が最も多く949名で、全体の39.5%に。次いで、主婦が344人、その他が248人、教職員・塾講師が219人、無職が208人、公務員・団体職員が172人、通訳・翻訳が127人、専門職が74人、学生が63人となった。居住地別では東京都が778人で最も多く、以下は神奈川県が347人、千葉県が175人、大阪府が143人、埼玉県が138人だった。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

ユナイテッド航空 成田-グアム線グループキャンペーン
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行することは好きですか?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ