ANAHD、ボンバルディア3機を発注、MRJ納入遅れで

  • Wednesday, Jul 17, 2019

 ANAホールディングス(ANAHD)は6月29日、ボンバルディアDHC8-Q400型機を新たに3機発注したと発表した。三菱航空機と三菱重工業が開発する「三菱リージョナルジェット(MRJ)」の納入時期が遅れていることなどを受けたもので、「長期的視点から成長に必要となる機材ならびに更新機材を安定的に確保」するため、3月の取締役会で決議した。1機あたりのカタログ価格は約115億円で2017年度中に受領する。

 ANAHDは現在、DHC8-Q400型機を21機保有。ANAグループで国内線の運航を担うANAウイングス(EH)が地方路線などで利用している。

 ANAHDはMRJを25機発注し、17年以降に受領後、EHの地方路線で活用していく計画だった。しかし三菱航空機と三菱重工業は昨年12月に、MRJの納入時期を18年中に延期することを発表している。

インフィニ 123キャンペーン2019
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

フライドポテトで一番おいしいと思うチェーン店は?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ