フッティルーテン、エコな「ハイブリッド船」導入、プラ全廃も

  • 2019年7月10日(水)

MSロアール・アムンセン  フッティルーテンは今夏に、二酸化炭素排出量削減のための「ハイブリッドクルーズ船」として「MSロアール・アムンセン」を導入すると発表した。同社によれば、電力のみによる航行も可能な世界初のクルーズ船で、同サイズの客船と比べて二酸化炭素排出量は20%以上減少するという。また、世界初の使い捨てプラスチック製品を使用しないクルーズ船ともなる見込み。

 全長は140メートルで、総トン数は2万889トン。客室数は屋外ジャグジーつきのスイートルームなどを含む265室で、530名の乗客を収容できる。船内は北欧風のデザインで統一し、オブザベーションデッキ、インフィニティプールやサウナ、3つのレストラン、バーなどを備える。

■海外ニュース

Travelport
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

昨年と比べて忘年会に行く回数は

投票する

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

LINEスタンプ
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ