主要50社、7月の海外旅行は6.6%増、韓国除き好調

  • 2017年10月22日(日)

 観光庁が取りまとめた2017年7月の主要旅行会社50社(※)の旅行取扱状況によると、海外旅行の取扱額の合計は前年比6.6%増の1751億2886万円となった。同庁によれば、昨年にリオ五輪選手団などを扱った反動などがあったものの、欧州が復調傾向にあるほか、韓国以外は概ね好調に推移したという。

 このうち募集型企画旅行は、取扱額が5.8%増の373億3693万円で、取扱人数は1.7%増の17万205人。単価は4.0%増の21万9364円となった。

 取扱額が最も大きかったのはジェイティービー(JTB)25社で、1.3%減の521億901万円。2位はエイチ・アイ・エス(HIS)5社で、13.4%増の310億6473万円、3位は阪急交通社3社で7.6%増の172億6581万円だった。

 前年からの伸び率の1位は、東武トップツアーズで48.5%増の30億3367万円。以下はびゅうトラベルサービスが41.0%増の8776万円、東日観光が34.2%増の4億3668万円と続いた。海外旅行を取り扱う48社のうち、33社が前年を上回った。

 なお、国内旅行の取扱額の合計は0.5%減の2978億3010万円、外国人旅行は13.4%増の167億1988万円で、総計は2.4%増の4896億7885万円だった。国内旅行と外国人旅行の詳細は別途記載(下記関連記事)。

※4月からJTB15社計を25社計に変更し、びゅうトラベルサービス、エスティーエートラベル、テック航空サービス、ニッコウトラベルを追加


主要旅行会社取扱概況(Excelファイル)
7月単月

■海外ニュース

シンガポール・トラベルマート&セミナー2017
TASA後払い
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

出国税1000円以内は

投票する

助成金・補助金情報

「 【秋田県】長距離フェリー秋田航路 旅行商品造成費等助成事業 」
▽実施主体 秋田県環日本海交流推進協議会 ▽補助金交付の対象 旅行会社 ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ