イスラエルと航空協議開催、便数、乗入地点拡大へ

  • 2015年7月7日(火)

 日本とイスラエルとの航空当局間協議が7月7日、8日にかけて、東京で開催中だ。国土交通省航空局航空交渉室によると、同国との航空協定は1999年4月23日に署名し、2000年に発効。現在日本側の乗入地点は関空でイスラエル側はテルアビブとなっているが、羽田空港以外の成田空港を含む地点を対象に、地点や輸送力の拡大について協議する予定だという。

 日本政府観光局(JNTO)によると、13年は日本からイスラエルに1万4000人、イスラエルから日本に1万4000人がそれぞれ渡航している。14年は日本からの渡航者数は未公表だが、イスラエルからは1万9000人が日本に訪れた。

 なお、15年夏ダイヤ現在、日本/イスラエル間の定期便は未就航。

■海外ニュース

ユナイテッド航空 成田-グアム線グループキャンペーン
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行することは好きですか?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ