KE子会社のジンエアー、12月に関空就航を計画−来年1月までに国際線5路線へ

  • 2009年7月24日(金)
 大韓航空(KE)の子会社の格安航空会社(LCC)であるジンエアー(LJ)は、今年12月から関空/韓国線に就航する方針だ。これは、2010年1月までに国際線5路線を展開する計画の一環。LJは2008年7月に初就航し、現在はエコノミークラス180席を備えるボーイングB737-800s型機で、ソウル(金浦)/済州線と釜山/済州線を運航。LJによると、運賃は韓国の大手航空会社と比較して20%から30%割安に設定しているという。

 国際線5路線を展開する計画にしたがい、今年10月29日にはソウル(仁川)/バンコク線とソウル(仁川)/マカオ線の運航を開始。仁川/バンコク線はデイリー、仁川/マカオ線は週4便での運航を計画しており、この2路線の座席は9月1日から韓国の旅行会社やLJのウェブサイトで予約できるようにする。

 バンコク線とマカオ線の開始後、12月に関空と中国の武漢に就航。1月にはグアム線の開始も計画している。


▽関連記事
ジンエアー、金浦/済州線では既存航空会社より22%割安−3年で黒字転換へ(2008/06/23)

大韓航空のLCC、2009年中に日本就航の可能性も−ブランド名はジンエアーに(2008/06/17)

■海外ニュース

メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行会社で勤務経験がある有名人は誰でしょう?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ