モーリシャス航空、来年上期からの商品増加に期待−メディア露出など継続

  • 2008年11月21日(金)
 モーリシャス航空(MK)は11月20日、業界向けセミナーを開催し、MKとホテル運営会社3社の最新情報を紹介した。MKは2008年1月にエア・システムを日本地区総代理店(GSA)に指名しており、営業活動が旅行商品造成につながったのは下期から。MK旅客営業部係長の日埜貴之氏によると、3月からの日本人訪問者数は増加傾向にあるといい、来年上期からの商品増加にも期待を示す。

 現在の取り組みとしては、需要喚起のためのメディア露出を進めているほか、11月からマダガスカル航空(MD)との共同運航により同日乗継が可能になったことから、マダガスカルとの組み合わせもプロモーションしていきたい考え。また、キャセイ・パシフィック航空(CX)とのスルー運賃でビジネスクラスが30万円台で利用可能なため、この手ごろさもアピールしたいという。

 セミナーではダイビングや釣り、パラセーリング、トレッキングなどのアクティビティの豊富さや、ホテルやスパの充実度など、基本的な情報に重点を置いて紹介。ターゲットはハネムーナーと富裕層で、セミナーでも6ツ星の「ロイヤル・パーム」を運営するビーチカンバーホテルズやコンスタンス・ホテルズ、ナイアデリゾーツがプロパティをピーアールした。

■海外ニュース

TABI Butler
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

ストレス解消法は?

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ