ビバマカオ、成田/マカオ間チャーター便でLCCの価格と「質」をアピール

  • 2007年11月26日(月)
 ビバマカオ航空(ZG)は、12月から週2便で運航する成田/マカオ間のプログラムチャーター便で、格安航空会社(LCC)として割安な運賃で訴求しつつ、プレミアムクラスやシートピッチなど、一般的なLCCでは得られない「質」を伴う航空会社として定着をはかる。2008年の初旬には週4便に増便する考え。マカオへの訪問者数が、成田からの直行便がない状態で、前年比40%前後の伸びを続けていることから、需要はあるとの分析。既に日本人の客室乗務員も5名ほど雇用、今後も増員しサービス体制を整える。

機材はボーイングB767-300ER型機を使用。席数は、プレミアムクラス24席とエコノミークラス221席で、合計245席。運賃は、マカオ/釜山やマカオ/シドニーなど既存の路線の場合、競合するフルサービス・キャリアと比べ、エコノミークラスでは約3分の2、プレミアムクラスでは約3分の1という。食事や飲み物、機内エンターテイメントなどは有料ながら割安な料金とした。シートピッチはプレミアムクラスが45インチ、エコノミーが32インチ。また、シート配列も、エコノミーで「2-3-2」だ。

 日本での営業活動は、総代理店のエア・チャーター・インターナショナル(ACI)とアリアが共同で展開。既に年末年始の便をエイチ・アイ・エス(HIS)が購入するなど、成果が出始めている。当面は、約90席をマカオ側に割り当て、残りを日本で販売する方針。ACIとアリアでは、「利用実績を重ね、日本側の割合を増やしたい」という。11月22日にはZG最高経営責任者のコン・コーフィアティス氏らが来日し、旅行会社を中心に約100名を集めてレセプションも開催した。

▽ビバマカオ航空、日本語サイト
http://www.flyvivamacau.com/jp/

▽関連記事
ビバマカオ、12月から週2便、成田からプログラムチャーター運航へ(2007/11/14)

■海外ニュース

ベルトラ1
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

通勤のカバンは

投票する

助成金・補助金情報

「【新潟県佐渡市】バス旅行商品造成支援補助金 / 接続バス利用商品造成支援補助金」
2019年度バス旅行商品造成支援補助金 募集要領一般団体・斡旋団体等のバス旅行や、バス会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ