「しまかぜ」が連覇、2位に「四国まんなか」初登場 阪急交通社の観光列車検索ランキング

  • 2018年9月21日(金)

 阪急交通社は9月14日、自社サイトでの検索における観光列車名のキーワードランキングを発表した。1位は2年連続で近鉄の「しまかぜ」だった。

 1位の「しまかぜ」は大阪・京都・名古屋と伊勢志摩を結ぶ。上質なシートと車窓風景、和室やサロン席など多彩なスタイルが人気を集める。2位はJR四国「四国まんなか千年ものがたり」が初登場。多度津―大歩危という四国の中央を走り、食と風景で四国の風土を伝える。

 3位にはJR西日本「SLやまぐち号」、4位には大井川鐵道「トーマス号」、5位には10位にJR九州「ゆふいんの森」がそれぞれ前年より順位を上げて上位にランク。

 6位はJR四国「伊予灘ものがたり」、7位はJR西日本・IRいしかわ鉄道「花嫁のれん」、8位はJR九州「或る列車」が前年より順位を下げたものの、今年もトップ10入り。

 9位は子どもの定番、JR四国の「アンパンマン列車」が初のランクイン。10位は肥薩おれんじ鉄道「おれんじ食堂」だった。全体的に四国、九州の列車の人気が目立った。

 ランキングは2017年8月―18年7月の検索数合計から算出した。


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース

ビズリーチ
求人広告

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ