0.8ポイント増の87.1% JCHA調査・9月の全国平均客室利用率

  • 2017年11月24日(金)

 全日本シティホテル連盟が調査した会員施設の10月の全国平均客室利用率は、対前年同月比0.8ポイント増の87.1%だった。

 地域別では四国が93.5%でトップ。愛媛県で9月30日―10月10日に国体が行われたことが影響した。次に関東92.1%、北陸90.1%と9割超の地域が続出した。反対に低かったのは東北66.1%、九州77.3%、甲信越78.7%。

 前年同月と比較すると、九州4.7ポイント増、北陸3.8ポイント増、東海3.7ポイント増が数字を伸ばした。利用率が下がった地域は東北6.9ポイント減、近畿2.3ポイント減など。

 2大都市圏は、東京都が同2.7ポイント増の93.8%、大阪府が1.2ポイント減の90.6%。

 調査協力施設は122軒。


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース

タイ国際航空
ニュージーランド航空で、もっと楽しい空の旅
SkyTeamワークショップ&セミナー2018in大阪
ワンクリックアンケート

ハロウィンで仮装するなら

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ