JALとトリップアドバイザーが協業、海外向けに訪日サイト

  • 2017年9月11日(月)

(左から)トリップアドバイザー日本法人代表取締役の牧野友衛氏、カウファー氏、JLの植木氏、二宮氏  日本航空(JL)とトリップアドバイザーは9月11日、訪日旅行の需要喚起に向けた協業を開始すると発表した。2020年の東京オリンピック大会を見据えたもので、10月中旬以降にトリップアドバイザーのウェブサイト内に新たな日本特集サイト「Untold Stories of Japan(知られざる日本)」を開設し、地方の観光素材を映像などで紹介する。JLは主に情報提供を、トリップアドバイザーは特集ページの運営と映像コンテンツの制作を担当。JLによれば同ページは「訪日旅行のプラットフォーム」と位置づける考えで、地方自治体や観光関連企業・施設などから、幅広く参画を募る予定だ。トリップアドバイザーが特定のデスティネーションへの誘客について、航空会社とウェブサイトを立ち上げて本格的に協業するのは今回が初めて。

JLの植木氏  同日に開催した記者会見でJL代表取締役社長の植木義晴氏は、これまで訪日客の獲得に向けた取り組みとしては、観光情報サイト「JAL Guide to Japan」の運営や、専用運賃「JAL Japan Explorer Pass」による航空券販売などに努めてきたことを説明。ただし「我々ができることは全部やってきたが、情報発信はJLの利用者に限定されていた」との見方を示し、「月間4億人以上が利用するトリップアドバイザーが日本全国の知られざる魅力を世界に発信することで、より多くの人々に各地の魅力を知ってもらえる」と期待を示した。

 JL常務執行役員で旅客販売統括本部長・国内旅客販売本部長の二宮秀生氏も、「世界への発信力の強化と、訪日ビジネスにおける強力なグローバルパートナーの欠如が我々の課題だった」と説明。「日本が掲げる観光立国、地方創生という命題に対する我々なりの1つの回答として、プラットフォームサイトがある」と話した。今回の協業はJLからトリップアドバイザーに提案したという。

トリップアドバイザーのカウファー氏  トリップアドバイザーの社長兼CEOを務めるステファン・カウファー氏は、日本に関心があるユーザーが増加傾向にあることを説明。「JLはブランド力、世界に対する発信力があり、我々にとって最適なパートナー。提携によりユーザーの体験を有意義なものにできるのは嬉しい」と協業に意欲を示した。「我々のウェブサイトを見て日本を訪問したユーザーは、(口コミを書き込みに)戻ってきている」ことから、口コミの増加も期待できるとの考えだ。

次ページ>>>国内線外国人旅客は20年までに倍増、「2桁億円の増収」へ


■国内・訪日ニュース

Travelport
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

海外発のファストファッションといえば

投票する

助成金・補助金情報

「 【秋田県】長距離フェリー秋田航路 旅行商品造成費等助成事業 」
▽実施主体 秋田県環日本海交流推進協議会 ▽補助金交付の対象 旅行会社 ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ