「トンボロ」の好シーズン到来 西伊豆・三四郎島/静岡

  • 2017年5月16日(火)

 静岡県西伊豆町の名所、三四郎島の「トンボロ」観光が、いい季節になってきた。トンボロとは干潮時に島が陸地とつながる砂州のこと。陸から島まで約200メートルをトンボロを歩いて往復できる。

 国内では10カ所程度が知られているが西伊豆町の三四郎島もその1つ。半島全体がプレート移動による造山活動や海による浸食活動、火山活動の痕跡といった大地の見本市とも言えるジオパークに指定されている伊豆半島でも、トンボロはここでしか見られない。

 三四郎島が日中に陸とつながるのは、2-10月の潮位が30センチ以下になる日。潮位が十分に下がる日には、足を濡らさずに渡ることができる日もあるが、これからの季節は足を濡らしながら渡るのも気持ちがいい。西伊豆町観光協会では潮位が30センチ以下程度になり、トンボロが現れる日をホームページにカレンダーで紹介している。干潮時の前後1時間程度が目安だという。

 西伊豆町には、三四郎島のほかにも堂ヶ島、黄金崎、大田子海岸など駿河湾に面して景勝地が多い。これら景勝地で眺める夕陽も見どころになっている。

 (17/05/16)


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース

インフィニ 123キャンペーン
カンボジアアンコール航空
ワンクリックアンケート

今年の新入社員で退職した人は

投票する

助成金・補助金情報

「【グアム】グアム団体サポートキャンペーン2017」
▽実施主体 グアム政府観光局 ▽補助金交付の対象 旅行会社(同一団体につき申請...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ