戦略なき特区に疑義アリ(1) 賃貸住宅で宿泊利用可能

  • 2014年9月4日(木)

 東京や大阪、京都市など大都市圏を中心にマンションや一軒家などに旅行者が泊まれるようにする国家戦略特区。今春、政府が突然発表した構想で、外国人の滞在ニーズに対応するため旅館業法を大幅に緩和した。訪日外客2千万人の実現に向け不足することが予想される宿泊供給量を増やすというのが大義名分だ。ところが、その構想の前提に疑義があると指摘する旅館関係者は少なくない。何が問題なのか。京都府、大阪府、兵庫県の旅館ホテル生活衛生同業組合の理事長、副理事長に聞いた。


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース

ユナイテッド航空 成田-グアム線グループキャンペーン
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行することは好きですか?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ